Home » 第12回ISMS研究会

第12回ISMS研究会

第12回ISMS研究会

日時:2014年9月26日(金)9時30分~11時30分
場所:信州大学 松本キャンパス 経済学部 第4講義室
第18回学術情報処理研究集会(9月25日・26日の2日目)と共同開催させて頂きます。
是非、ご参加下さいますようお願い申し上げます。
研究会コーディネート: 長谷川孝博

9月26日(金)9:30~10:00
【1】「ISOマネジメント規格マニュアルの単一ファイル文書管理手法」
静岡大学 情報基盤センター 長谷川孝博
ISMS、ITSMS、BCMSなどのISOマネジメント規格では、それらの活動全般において、文書化の要件が課せられている。マネジメント文書とその活動は一進一退の関係にあり、よって、文書の機密、完全、可用を維持する文書管理手法を組織内で確立することはマネジメント活動の本質に注力する上でも重要である。当センターでは11年目のISMS活動を通じて、ISOマネジメント認証規格に適した効率のよい文書管理手法について試行錯誤を重ねてきた。本報告では、ISO/IEC27001:2013版の新規格マニュアルの単一ファイル文書管理手法の特長を紹介する。

10:00~10:30
【2】「横浜国立大学情報基盤センターのISMSの認定取得について」
横浜国立大学 情報基盤センター 徐浩源 仁村俊明 小杉雅孝 長谷部勇一
横浜国立大学情報基盤センターは2014年3月16日にJICQAの審査でISO27001(ISMS)を認証取得しました。本報告では、この認証取得活動に関する取り組み、事務組織との連携作業、並びにBCPに関連した活動の状況について紹介します。

10:30~11:00
【3】「長崎大学のISMS~ISO27001認証取得以前と以後」
長崎大学 ICT基盤センター 上繁義史
長崎大学学術情報部情報企画課及びICT基盤センターは2013年3月にISO/IEC27001:2005の認証取得し,本研究会開催時点において1年6ヶ月が経過した。本発表では,長崎大学においてISMS認証取得を目指すに至った経緯,認証取得までの活動,ISMSの実践による効果や課題について紹介する。併せて, ISO/IEC27001:2013への移行についてその取り組み状況を報告する。

11:00~11:30
【4】「徳島大学情報センターにおけるISMSの効果」
徳島大学 情報センター 八木香奈枝
徳島大学情報センターでは,平成24年3月に国立大学法人内の組織としては4番目にISMS認証を取得した.ISMS認証は情報セキュリティマネジメントの国際標準として知られており,国内の多数の組織が取得している.また,ISMSは情報セキュリティポリシーを運用する仕組みとしても効果的である.現時点で本センターはISMS構築後約3年経過したことから,本センターにおけるISMSの効果について検証と考察を行った.

※MS-Word Onlieで表示・ダウンロードする